« 「天国と地獄」テレビドラマ編 | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団演奏会(チョン・ミョンフン指揮) »

キサラギ(テアトル2)

Kisaragi9/9 14:20~ 招待券
期待はしていたけど、本当に最高!面白い映画でした!こうした映画は個人的にはとても好きです。

自殺したアイドル・如月ミキの一周忌に集まったファンサイトで知り合った男5名。1室で5名の登場人物だけと言う、舞台劇のような映画ですが(後で知ることになりますが、もともとの作は舞台用を意識したようです)、そんな閉じた空間でもテンポもよく集中力の途切れない映画になっています。

 
閉じられた世界で、見知らぬ男5人が、如月ミキは本当に自殺だったのか推理合戦が始まります。男たちの正体が次第に分かっていく過程と、謎を解決するための伏線あり、、、で、思わぬ結末に。この過程の楽しさと妙におかしな会話に結構笑える作品になっています。最後にさらに謎があるけど、こちらは私は意味不明(^^;

如月ミキはお芝居も下手で歌も下手と言う設定で、そんなアイドルだからこそブレークする前にファンはいるものなんですね。映画の進行中は、最後までどんなアイドルだったのか顔も分からないまま・・・・。それも面白い設定です。そもそもアイドルの顔や姿は意味がないのでしょう。5名の息のあった演技こそが命の映画です。

★★★★★☆

|

« 「天国と地獄」テレビドラマ編 | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団演奏会(チョン・ミョンフン指揮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16392714

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ(テアトル2):

» 『キサラギ』 [青空と夏みかん]
今日は『キサラギ』を観に行きました。 自殺したアイドル如月ミキの命日に集まった五人のファン、 家元・オダユウジ・安男・スネーク・苺娘は 最初はミキの想い出を語っているのですが、 そのうちミキの亡くなり方に疑問を抱くようになり、 話をしていくうちにお互いの素性も明かすことになっていき・・・。 ネタばれになるので詳しく書きませんが、 会話にテンポがあって、面白かったです。 香川さんの苺娘、最高でした。 家元の小栗君も良かったです。 今日はレディスディでほとんど女性でしたが、 ... [続きを読む]

受信: 2007.09.10 20:33

» 西田敏行 釣りバカ日誌【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [西田敏行 釣りバカ日誌【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 ]
団塊のタレント 西田敏行 釣りバカ日誌20作目西田敏行 釣りバカ日誌新作を語る「現実の自分は年をとるけれど、映画のハマちゃんは変わらない。肉体的には『あの時上がった足がもう上がらない』とか『声の張りもどうかな…』ということはあります。でも、体は...... [続きを読む]

受信: 2007.09.11 23:15

« 「天国と地獄」テレビドラマ編 | トップページ | 東京フィルハーモニー交響楽団演奏会(チョン・ミョンフン指揮) »