« ロンドンに行く計画(1) | トップページ | チェリビダッケ・エディション Vol1 No8 »

ファンタスティック・フォー 銀河の危機(テアトル4)

F49/23 10:30~ 招待券

招待券じゃなかったら後悔していた映画と言う感じです。前作を見ていないので辛い部分もありますが、どうにかこうにか、たぶん前作ではこうだったのだろうと言うような話のつながりを想像をしながら見ました。しかし、全体的には陳腐な仕上がりと言う印象です。

4人のメンバーの能力は、ゴム人間、透明人間、火の玉男、岩石男です。この発想自体は結構好きだったりしますが(これで子供がメンバーにいれば、ガッチャマンやゴレンジャーの流れをくむ構成ですけど)、笑えそうで笑えない映像につらいものがあります。よく知りませんが、もしかしてこれはアメリカコミックが原作なのかな、それで、そんな印象を持つのかな。

今回の敵は(たぶん前作の悪役と思われる人物も復活する←スターウォーズの格好ですよね(^^;)銀河から来た、サーフボードに乗る銀色男(←これもターミネーターに出てきた液体金属の体を持つ男にそっくりのような・・・もしかしてアメリカコミックだとしたら、こちらの方が原作かもしれないなあ)で、なかなかインパクトがあります。この謎の男の圧倒的パワーにたじたじですけど、どうにか4人のチームワークと人の心に訴えると言う手法で銀河の危機を救うという話です。

そのメインとなる話があまりに単純でも、今回の映画では、普通の人間の生活に戻りたいという葛藤や、軍との軋轢など、しっかり取り上げれば面白くなりそうなテーマがあったにもかかわらず、どれも中途半端なまま終わっちゃいました。

日本の富士山をバックにスタートして、ロンドンアイも万里の長城も出てくる世界旅行並みの映像でしたが、駿河湾の漁船もなんか変だし、ラストの結婚式は中国?日本?着物からして日本と思うけど・・・だとしたら江戸時代みたいな、むちゃくちゃ違和感がありました!ある意味面白すぎます(^^;

★★★

 
予告編には楽しみなものが多かったです。
残念ながら予告編にはなかったですが、29日からの「パーフェクト・ストレンジャー」「幸せのレシピ」 などなど。映画館に行くと予告編で次のが見たくなり、また映画館に行くというパターンです。

|

« ロンドンに行く計画(1) | トップページ | チェリビダッケ・エディション Vol1 No8 »

コメント

この「1」を観たんですけど、
まさか「2」が作られるとは思いませんでした。
つまり…なんですけど。
でも、「2」ができるということは、
そこそこ人気があったんですね。

投稿: らずむっち | 2007.09.23 19:16

こんにちは、らずむっちさん。

私が見た感じでは、アメリカコミックに
ありそうな設定の映画だったので、
意外に4人組は人気があるのかもしれない
ですね。(私はスーパーマンの方がいいかな(^^;)


でも、映画としてはどうでしょう。
ちょっと平凡な感じも。
CGを使った映像に頼り切った感じもあります。

映画の最後のタイトルロールの途中に
思わせぶりなシーンがあったので
もしかしたら「3」への伏線かも
しれません(^^)

投稿: ごえもん | 2007.09.24 06:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16544314

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタスティック・フォー 銀河の危機(テアトル4):

« ロンドンに行く計画(1) | トップページ | チェリビダッケ・エディション Vol1 No8 »