« クワイエットルームにようこそ(コロナ4) | トップページ | ワーキング・ホリデー(坂木司) »

ヘアスプレー(コロナ9)

Hs10/28 11:10~ 招待券


久しぶりに映画のはしごです。先日「グッドシェパード」を見たので、次はこの「ヘアスプレー」を見たかったです。朝の回が11時からだったので、それまでに「クワイエットルームにようこそ」を見て、続けてこの作品となりました。


このミュージカルは楽しめました。それにしても、歌もうまくてダンスもすごくって、それでいて愛嬌があって、、でも、背が低くてすごく太っているって新人さんを探すのは大変だっただろうと思います。今回のトレーシー役は外見を気にせず明るく行動する姿が本当にぴったしと言う感じです。その母親役はかつてミュージカル映画で名をはせたジョントラボルタです。最初出てきたときにはびっくり!!ですけど、次第に慣れてきます(笑)
外見を気にしないスター誕生は、ある意味、黒人と言う肌の色だけで差別する社会へのメッセージにもつながるようになっています。


トラボルタの母親役にも驚きましたが、父親役はクリストファー・ウォーケンでした。「ディアハンター」のあのロシアンルーレットのシーンが忘れられないですけど、今回は気のいい理解力のある父親役で面白いおもちゃ屋を経営しています。いつも精神的に病んだ役が多いだけに、、、でも、結構歌もダンスも行けそう(^^)


楽しいビートのきいた音楽で楽しめる映画でした。


★★★★★

|

« クワイエットルームにようこそ(コロナ4) | トップページ | ワーキング・ホリデー(坂木司) »

コメント

なんだか、わかります!「グッドシェパード」の次に「ヘアスプレー」!
私もトラボルタの女装を見るだけでも
価値があると思ってます。観にいきたいなあ。クスストファー・ウォーケン、好きなんですけど、最近は変な役の方が多いような気がします。もっと性格俳優らしい役をやって
ほしいなあと思ってます。

投稿: らずむっち | 2007.10.29 15:21

こんにちは、らずむっちさん。

やっぱり濃厚な肉料理のあとは漬物にご飯です(・・・って、あまり関係ないですね)。

トラボルタの女装は「こんなのあり?」って
思いましたが終わるころにはなれちゃって
こんな方もいるかもって気分に・・・。

クスストファー・ウォーケンは、雰囲気は
往年のものもありましたが、少し立場的に
弱い配役なので、力を発揮できていないかも。
クスストファー・ウォーケンとトラボルタが
夫婦で抱き合ってキスするって・・・(^^;

見られるときには、
思い切り心のしがらみを外してごらんください。

投稿: ごえもん | 2007.10.29 22:18

ご覧になったんですね~!
私もこれ、本当に楽しかった!
時間があればもう一回劇場で、と、思うぐらい。
&あちこちで「トラボルタに助演女優賞を!」とわめいています(笑)

↓「クワイエット~」原作も読みましたが、映画の方が面白かったです。

↓↓「グッド・シェパード」3時間近いんですか・・・内容も重たそうですね。う、うーん、悩むところ。

投稿: 駄々猫 | 2007.10.30 14:34

こんにちは、駄々猫さん。

はい、ヘアスプレーは楽しい映画でしたね。
グッドシェパードのあとには何よりでした。

クワイエットは原作も読まれたのですか?
原作は知りませんが、映画の中のコメディ
っぽさは映画でこそ生きるような感じも
しましたので、原作ではなかなか難しい
テーマかもしれません。
それでも賞の候補になったくらいだから
きっと、本もいい作品かも。

投稿: ごえもん | 2007.10.30 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16899026

この記事へのトラックバック一覧です: ヘアスプレー(コロナ9):

« クワイエットルームにようこそ(コロナ4) | トップページ | ワーキング・ホリデー(坂木司) »