« 水の時計(初野晴) | トップページ | パーフェクトストレンジャー(テアトル4) »

五島列島に行く

「ココロの洗濯」と言う言葉を聞くことがあるけど、私は福井暮らしだから、都会暮らしで心が疲弊しているわけでも汚れているわけでもないだろうと思っているわけです。しかし、博多に来たついでに五島列島に飛行機で行ってみたら、なんと風光明媚なところでしょうと(風光明媚と言うのはここのためにある言葉だと確信したくらい)感動して、波の音と鳥の声(一部カラス(笑))を聞くについて、これは洗濯されているかもしれないと体感したわけです。

Q4c一応安全のために博多からの日帰り計画で(台風が来て帰れないのも困るから)、朝一番の飛行機で向かいました。飛行機は最近トラブル続きで不安がないわけでもないボンバルディアです。しかし、よく考えたら、この航路を運営しているのは全日空系とは言え別会社でしょうから、ここで働いている客室乗務員は常にこの飛行機に乗っているのでしょう。それでも笑顔で対応しているのですから、まあ、大丈夫でしょう。

博多から五島福江までは40分ほど。船でも行けるのでしょうけど、行きは飛行機の方がいいんじゃないかなと思うほど、島が近くなって高度を下ろしたときの島々の景色が見ごたえがありました(帰りは急上昇するし、航路も違うので、行きほど島々がまじかに見えません)。プロペラ機なので高度も5000mくらい、景色を楽しみながらの40分です。地元でない旅行者は窓際の席を取りましょう(と言っても平日の朝一番の飛行機は混んでいませんが)。

レンタカーを借りて島を一周するのですが、なんでもお勧めじゃない道もあるとのことで、結局島をUの字を逆さにした「∩」こんな感じで島を往復したわけです。

P1000022e
最初は、堂崎天主堂です。赤いレンガがなかなか美しいです。教会でもチャペルがないそうで、なんでもホラ貝を代わりに使っていたとか、、、島の教会らしい話です。

このあとに、一番遠い日本の夕陽100選にもなっている大瀬崎灯台近くまで行って、あとは帰り道を見学しながら戻るという計画にしました。

そこでお勧めでない道を1本とおって地図上で近道のつもりが・・・本当にお勧めじゃない道でした(^^;。田んぼのあぜ道のような道で、そのあとはうっそうとした木々が生い茂る曲がりくねった道でした。しかも対向車とすれ違えない道幅。地元の農家の軽トラと2度出会って大変困りました。

どうにかこうにか幹線道路に出て走っていると、トンネルを抜けたら日本一美しいと言われる砂浜である「高浜ビーチ」が目の前に広がって、この絶景に路上駐車(このあたりまで来ると車はほとんどいないです)して写真を撮ってしまいました。日本の渚100選、環境庁の日本の海水浴場55選にも選ばれているそうで、日本一と言うのは2004年の日経新聞で「日本で1番美しい海水浴場」に選ばれたことに由来します。
P1000023e
写真では美しさが100分の1くらいに減っています(^^;

P1000025e
大瀬崎灯台(日本の灯台50選、日本の夕陽100選)
夕陽を見たいけど、ここに夕陽の時間までいて、暗い道を車で帰るのは少々不安(^^;。ここは東シナ海なんでしょうね。高台から見ると水平線が丸く見える(・・感じだけ?)

P1000027e
井持浦教会ルルド(1899年創建)
日本最初の霊泉地だそうです。

200710041246あとは帰り道です。先ほど行きの時に通り過ぎた水之浦教会に寄ってみました。木造ではかなり大きな教会と言うことで、真っ白なきれいな建築様式(どんな建築様式名前はしりませんが)で、外観がすばらしいです。でも高台にあって、正面の場所の余裕がないので、、ううう、ちょっと近づきすぎたら(しかも逆光)カメラからはみ出ちゃった(^^;。幹線道路に戻ると全景のいい場所があったのかも。

このあと、福江の街に戻りました。ここまで来るとさすがに街です。コンビニもあります。飛行機の時間までもう少し時間があったので、「鬼岳」展望台に登りました。300mちょっとの芝でできたこんもりとした山です。ここには天文台もありました。さぞ星はきれいでしょう。見てみたいです。
ここから福江の町並みや、空港、海岸がよく見えます。いい天気でしたが、少々暑くって、登った後には汗が出て、夕食のビールにはちょうど良かったです。
P1000030e
写真中央に横に1本あるのが空港の滑走路です。そのそばの建物が空港ですが、ここの空港は滑走路が1本なんです。滑走路が1本と言う空港は珍しくありませんが、誘導道もないのです。ですから、普通着陸した飛行機は滑走路から離れて空港ビルに向かうところを、滑走路でUターンして滑走路を走って空港に向かいます。次の飛行機が来たら・・・なんて心配は無用なんでしょうね(^^;
もちろん出発も滑走路を走って一番端まで行ったらUターンして改めて滑走路を走って飛び立ちます。なんだかそれも楽しいものです。

鬼岳のあとは、そのまま市内に戻らず反対側に降りて、鐙瀬と言うところに行って、ビジターセンターに寄って帰りました。6時間ほどで148km走行でした。

日帰りだったので美味しいものを食べる機会がなかったのが残念です。五島牛はチャンスがあればと思っていましたが・・・うどんはお土産で買うことにしました。今度行く時には、泊まって海の幸を食べるのがいいですね。これで離島ファンになりそう。今度は、伊丹から隠岐に飛んでみようかな。

200710031551おまけ
博多では岩田屋さんを視察。岩田屋さん内にある味噌屋さん。なかなかいい店構えです。このあと三越で行われている北海道物産展に行きました。初日と言うこともあり平日にもかかわらず歩くのも大変なほどの人気です。やっぱり北海道人気はすごいです。北海道大豆は1kg1300円ほどで売られていました。高い値段がついています。


|

« 水の時計(初野晴) | トップページ | パーフェクトストレンジャー(テアトル4) »

コメント

こんにちは。
高浜ビーチ、とても綺麗です~。
写真でもこれだけ綺麗なのですから、
その100倍だともっと綺麗なのでしょうね。

福岡三越の北海道展、私もその日に行ったのですが、
人が多かったですね~。
人気商品はすぐ売り切れるようですね。

投稿: hibiki | 2007.10.07 15:26

こんにちは、hibikiさん。

そうでしたか、三越の北海道展に初日にいらっしゃったのですか。それはそれは・・・偶然でも珍しいことで、驚きです。福井から7名の男が行くくらいですからかなり混雑しますよね(^^;

もともとは岩田屋さん見学だけの予定でしたが夕食まで少し時間があったので三越まで足を伸ばしました。


投稿: ごえもん | 2007.10.07 17:05

何人かの友人に薦められている五島列島。
ごえもんさんもお気に召したのですね。
お天気も良かったようで、何よりです。
ますます行ってみたくなりました。
(せっかくなら長くと欲張るせいか、なかなか行けない・・・)

投稿: 駄々猫 | 2007.10.09 13:55

こんにちは、駄々猫さん。

五島列島は結構贅沢な場所かもしれませんね。
私の場合は博多に行ったついでに日帰りでしたが
できたら2泊くらいして、もうひとつくらい別の
島もいってみて、地元のおいしいものを(^^)

でも、天気は重要かも。
写真でも雲ひとつないような天気が良かったです。
実際は雲はありましたが(^^)

「計画のない本当の休みを五島で・・・」
って、観光協会のものみたいな勧め方(^^;

投稿: ごえもん | 2007.10.10 06:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/16674087

この記事へのトラックバック一覧です: 五島列島に行く:

« 水の時計(初野晴) | トップページ | パーフェクトストレンジャー(テアトル4) »