« 東京都二十三区内外殺人事件(海堂尊:このミステリーがすごい!2008) | トップページ | ミステリが読みたい! 2008年版(ミステリマガジン編集部) »

ホテルジューシー(坂木司)

ようやく読み終えました。11月から読んでいて、読書に急ブレーキがかかったので、この本もほぼ1カ月以上手にしていたことになります。

決して合わない作品ではないのですけど、読書する側とのタイミングの問題でしょうか?読み進めなくなると、なんだか、よかった作品もそれほどでなくなると言うことで、ますます、ペースダウンでした。

 
この本は、もう1冊の「シンデレラティース」という叶咲子が夏休みに歯医者でアルバイトしていた話と対をなします。その話で咲子の友達である柿生浩美が沖縄のホテルでアルバイトしていてお互いに連絡を取っていましたが、その沖縄のホテルの話です。

この主人公も思い入れできるタイプでしたが、ちょっと極端すぎるかな。シンデレラティーンズで想像された大人の出来るヒロのイメージから言うと、どうも、固すぎると言う感じです。その成長を見る本と言えばそうかもしれないけど、短編で読むと少しパターンがくどくって。それに、どうも読書タイミングが悪かったですねえ。私も人間ですから(笑)、その時その時で合う合わないがあるのでしょう。

★★★
(今年63冊目)

|

« 東京都二十三区内外殺人事件(海堂尊:このミステリーがすごい!2008) | トップページ | ミステリが読みたい! 2008年版(ミステリマガジン編集部) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/17332678

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルジューシー(坂木司):

« 東京都二十三区内外殺人事件(海堂尊:このミステリーがすごい!2008) | トップページ | ミステリが読みたい! 2008年版(ミステリマガジン編集部) »