« 私のベスト映画2007年 | トップページ | 今年の私のベスト読書2007 »

「半落ち」「ローレライ」

続けて2日連続のテレビ鑑賞をしてしまいました。ともに原作を読んでいるし映画も見ているので、あえて見なくてもよかったのですけど、ついつい見ちゃいました。なんだか、年末の番組って1年を振り返る番組ならいいけど、最近はお笑い番組のような特集が多く、年末と言うよりもお正月のような気分です。そういう意味では映画も正月にやればいいのに(お笑い番組でもいいのだけど、テレビ内のお笑いの声がうるさいので(^-^;)。

静かに音楽でも聴きたいところですが子供がいるとなかなかそうもいかないものです。

この2作品とも楽しめました。特に半落ちは原作以上に感情移入できました。ローレライは、ちょうど婚約発表した人が出演とか?そうだったのですね。

|

« 私のベスト映画2007年 | トップページ | 今年の私のベスト読書2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/17512534

この記事へのトラックバック一覧です: 「半落ち」「ローレライ」:

» 映画 ローレライ を観た [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
ローレライ スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る この映画は福井晴敏の「終戦のローレライ」を映像化した作品である。 内容は1945年8月、広島と長崎に原爆が投下された直後の東京にも原爆がおとされようとしていたのを“鋼鉄の魔女”と呼ばれた潜水艦が、最終兵器“ローレライ”を搭載して阻止する目的で、戦う物語である。 “ローレライ”は美女のパウラ(香椎由宇)が舵を握る。潜水艦の艦長は役所広司、である。乗組員はいい男ばかりだ。架空戦記のエンターテイメント超大... [続きを読む]

受信: 2007.12.29 15:58

« 私のベスト映画2007年 | トップページ | 今年の私のベスト読書2007 »