« 図解!会社にお金が残らない本当の理由(岡本吏郎) | トップページ | 日本アカデミー賞ノミネート作品 »

となりのクレーマー(関根眞一)

百貨店でお客様相談室長を務めた作者の体験談を中心にクレームの対処などを説明た本です。クレームに対応するのは大変なことだと思います。本当に頭が下がる思いですが、そこにクレームする人との関係が重要になるのかもしれません。人と人のつながりが疎になり、個が優先して、次第に理不尽なクレームが多くなったのかもしれません。

クレームと言うのは、この事例にもありましたが、昔はやくざや総会屋的なものだったかもしれませんが、インターネット時代に東芝のビデオをクレーム処理がまずかったために、その内容がネットに流れ、大変な社会事件にまでなったために、慎重にかつ真摯に対応することが求められる時代になりました。そのような観点から

1章 クレーマー物語
2章 苦情社会がやって来た
3章 クレーム対応の技法

のうち、苦情社会がやって来たに期待していました。
しかし、1章が全体の75%を占める構成で、クレーム事例の読み物としては面白かったけど、苦情社会になる背景や個人の意識など、そんなところは掘り下げが不足していて、やや物足りなかったかな。

★★★

|

« 図解!会社にお金が残らない本当の理由(岡本吏郎) | トップページ | 日本アカデミー賞ノミネート作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/17386954

この記事へのトラックバック一覧です: となりのクレーマー(関根眞一):

« 図解!会社にお金が残らない本当の理由(岡本吏郎) | トップページ | 日本アカデミー賞ノミネート作品 »