« インディジョーンズ・クリスタル・スカルの王国(テアトル1) | トップページ | 勝間式「利益の方程式」─商売は粉もの屋に学べ!─(勝間和代) »

クライマーズハイ(シネマ1)

Ch2原作を読んでNHKドラマを見て、いよいよ映画です。早速ですが見てきました。この作品は、ご存じ、横山秀夫の作品ですが、筆者が上毛新聞記者時代に遭遇したあの日本航空123便墜落事故をもとに、事故当時の群馬県の北関東新聞社と言う架空の地元新聞社を舞台にした作品です。

この作品自体は、新聞社内の政治的な立場や、編集局と販売局の対立など、初めて知り、日航事故の緊張感と相まって大変楽しめた作品でした。

この映画化では、最初、ちょっと展開が早いじゃないかと思ったのですが、後半は緊張感のある内容でした。ただ、1985年当時と今の時代が交錯して表現されるけど、今の時代の山登りが、どういった意味があるのか、1985年との関係が希薄な感じで、もし初めてみる人がいると少々戸惑うのかなと思ったりもしました。

そう言う意味では、事故当時の夜、翌朝の新聞見出しとして事故現場が群馬県か長野県か、それが重要だという緊張感があふれる現場を丁寧に描いたNHKドラマ版の方が前半の導入としてはいように思います。それも両方見ているからで、初めての方はまた違った印象になるかもしれませんね。


 
Ch事故からすでに23年。単独機としては世界最大の航空事故は、有名人も多く亡くなり、そのすざましさは映画で表現するには悲惨すぎたと思いますが、それが佐山の姿であり神沢の運命でもあったのでしょう。佐山演じる堺雅人はちょうど合っているようなフェイスでよかったです。

当時は、私は出張がほとんどない部署で、飛行機になるのは海外に行く時くらいでした。国内便は乗ったことがないので、他人事でしたが、今は航空機も安いビジネスパックなどあり、東京に行くのも航空機です。8月が来ますと終戦記念日前の暑い時期に、この事故の日が来ます。

★★★★★

|

« インディジョーンズ・クリスタル・スカルの王国(テアトル1) | トップページ | 勝間式「利益の方程式」─商売は粉もの屋に学べ!─(勝間和代) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/41621672

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズハイ(シネマ1):

» 「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感 [soramove]
「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 仕事について考える、 毎日、仕事が楽しくてたまらない、 そんなふうにはなかなか思えないが、 時々、毎日の繰り返しの中でも やりがいや達成感を覚える、 そんな時まだ続けられるなと ...... [続きを読む]

受信: 2008.07.09 23:41

» 『クライマーズ・ハイ』 [青空と夏みかん~yamaguchi walker~]
今日は『クライマーズ・ハイ』を観に行きました。 2日続けて映画というのもどうかと思ったのですが、 友人からのお誘いがあったので出かけました。 今日はメンズデーということもあって、 昨日とは正反対でメンズばかりでした。 日航機墜落事故後の地方新聞社の1週間を追った作品です。 『半落ち』「出口のない海』の横山秀夫さんの原作で、 堺雅人さんが出演で、 音楽が『氷壁』『夕凪の街桜の国』の村松崇継さんなので、 とても楽しみにしてました。 横山さん自身が群馬の新聞社の記者... [続きを読む]

受信: 2008.07.11 12:13

« インディジョーンズ・クリスタル・スカルの王国(テアトル1) | トップページ | 勝間式「利益の方程式」─商売は粉もの屋に学べ!─(勝間和代) »