« ヤナーチェク:歌劇「利口な女狐の物語」 | トップページ | 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) »

はじめての経済学(下)(伊藤元重)

(上)よりもちょっとしんどかった作品。この(下)は4つからなっています。「公共」(財政政策など)、「金融」(金融政策など)、「人と組織」(企業と労働)、「国際経済」
この中で、国際経済を一番楽しみにしていました。為替や円高円安はわかるけど、貿易収支は何か難しかったです。輸出企業などの為替レートへの対策など、考えてみれば当たり前だけど、その当たり前のことを知らなかったです。

★★★★

|

« ヤナーチェク:歌劇「利口な女狐の物語」 | トップページ | 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/41494572

この記事へのトラックバック一覧です: はじめての経済学(下)(伊藤元重):

« ヤナーチェク:歌劇「利口な女狐の物語」 | トップページ | 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) »