« 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) | トップページ | ザ・マジックアワー(テアトル4) »

「頭のいい人」はシンプルに生きる(ウエイン・W.ダイアー(著),渡部昇一(訳))

ひどい!久しぶりに買って全く価値を見いだせなかった本です。それどころかこの本の表紙のイラストと、タイトル。。。このタイトルは内容から言うと完全に犯罪的なほど誤解を生むのではないか?原題はもちろん違う、、と言うことが「はじめに」にあるけど、なんでも、以前出ていた本の再発売?以前の訳がひどかったので直したという話もあとで聞いたけど、それはそれ、私はこの本が最初だったけど、ここに出てくる具体例が、こんな店員がいるのかと言うことと、もしいたとして、この本の通りに解決して、何が新個人主義なんだろう?どこが頭がいいのだろう?ストレスがたまらないというのがどうも納得できないです。

私はこんな本が嫌いと言うことを分かってもらえるためにはぜひ読んでみて下さいとお勧めしちゃおう(笑)


|

« 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) | トップページ | ザ・マジックアワー(テアトル4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/41513239

この記事へのトラックバック一覧です: 「頭のいい人」はシンプルに生きる(ウエイン・W.ダイアー(著),渡部昇一(訳)):

« 中小企業のための事業承継の進め方(松木謙一郎) | トップページ | ザ・マジックアワー(テアトル4) »