« 悪夢の観覧車(木下半太) | トップページ | 平等ゲーム(桂望実) »

コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実(村井哲之)

やっぱり、コピーの裏はメモ用紙として使いますよ、私は。最近は、新書本はこうしたタイトルで気を引くものが多いですね。副題の「コスト削減の真実」というタイトルだったら、そこまでヒットしなかったでしょう。でも、本質はコピー用紙の裏側を使わないということではないのです。以前も、節電のために休憩中は電気を半分消すとか言うのもありましたが、電機代と社員の士気を天秤にかけろということでしょう。でも、私はミスしたコピー用紙だけでなく、いらなくなったFAX用紙(通常はパソコンに取り込むために不要なFAXは印刷しませんが)も、メモ用紙には使いますね。自分の覚書程度ですけど。

★★★

|

« 悪夢の観覧車(木下半太) | トップページ | 平等ゲーム(桂望実) »

コメント

こんにちは。
参考になりました。ありがとうございます。(^.^)

投稿: copy | 2011.06.06 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/42455148

この記事へのトラックバック一覧です: コピー用紙の裏は使うな!―コスト削減の真実(村井哲之):

« 悪夢の観覧車(木下半太) | トップページ | 平等ゲーム(桂望実) »