« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

聖女の救済(東野圭吾)

東野圭吾さんの新作が2冊同時に発売されて、しかもそれがともにガリレオシリーズというもの。一方は短編みたいだったので長編の方から読みだしました。とても面白かったです。

ドラマでしか出ていない内海薫が小説でも登場ということですが、ドラマでは(映画でも)柴咲コウが演じている印象と小説初登場の内海薫では少々イメージが違っていました。・・・というのもの、特に序盤では、なかなか鋭い推理を連発して、これじゃ、ガリレオの登場がなくてもいいんじゃないかと思ったりもしました。結局、行き詰まり相談に行くのですが(中盤以降ではかなりドラマ役に近づいてきました)・・・思えば、原作でなかったキャラがドラマで登場して、それがまた原作で出るって言うのも面白いですね(と書きましたが訂正です。このあと短編を読んでみたら、そちらに内海刑事の初登場が書かれていました。それもドラマより先に書かれた作品です。つまり、内海刑事初登場の作品前に発表された作品にも内海刑事を登場させたドラマというスタンスが正しいのだと思います)。

しかし、テレビの影響という点では、内海薫のipodには福山雅治のアルバムが入っているあたりご愛敬のファンサービスでしょうね(笑)

続きを読む "聖女の救済(東野圭吾)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪小説家(雫井脩介)

帯紹介===
新進作家、待居涼司の出世作「凍て鶴」に映画化の話が持ち上がった。監督に抜擢された人気脚本家の小野川充は「凍て鶴」に並々ならぬ興味を示し、この作品のヒロインには、かつて伝説的な自殺系サイト「落花の会」を運営していた木ノ瀬蓮美の影響が見られると、奇抜な持論を展開する。待居の戸惑いをよそに、さらに彼は、そのサイトに残された謎の解明が映画化のために必要だと言い、待居を自分のペースに引き込もうとしていく。そんな小野川に、待居は不気味さを感じ始め・・・。全篇に充ちた不穏な空気。好奇心と恐怖が交錯する傑作心理サスペンス!

という感じで、雫井さんの作品なら「火の粉」なんかを期待したのです。確かに、監督の小野川を作者の待居側からみると不穏な空気という感じがします。でも、今泉が自殺系サイトの調査に乗り出す中盤から少々だれ気味の印象を受けちゃいました。最後はサスペンスが盛り上がり、朝早く起きて出勤前に読むほど熱中したのですが・・・。

でも、監督に抜擢された小野川という男のキャラがとても苦手なタイプ(^^;、近くに居たら絶対に友達になりたくないって感じで、恐怖や不穏な空気というよりも、嫌悪感が先に立ちます。映像化するともう少しサスペンスを盛り上げる作りもできそうな題材の感じです。

★★★★☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イーグルアイ(テアトル1)

Eiコピー店員のジェリーが、兄の葬儀から戻ってきたら口座には大金が振り込まれており、また、自宅にはテロリストと思われるような武器やマニュアルが届いており、FBIから謎の女からの電話で逃げ惑うはめになります。

スピルバークが温めていた企画の映画化です。

この謎の女がすべてを監視して携帯にも電話してくるということで、謎の女が謎でなくなるのですが、このあたりは先に似たようなテーマの映画あるからちょっと不利かもしれないですね。私なんかは「2001年宇宙の旅」を思い出しちゃいましたから、ちょっと古すぎるでしょうか?(^^;

監視社会への警告という意味では、今までも、「マイノリティリポート」などもあったけど、2001年の宇宙の旅の時のように、まだまだ先の話だあったものが、もしかしたら今だって・・くらいにまで時代がすすんだ感じです。

続きを読む "イーグルアイ(テアトル1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流星の絆

だめだぁ~。私にはついていけないドラマ化でした(^^;
これはこれで画期的なドラマ化かもしれないけどねえ。
まあ、私向けじゃなかったということで・・・
どうせ金曜日の夜は見れないかもしれないし、まあ、いいでしょう。
これで秋のドラマはチームバチスタだけにしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チームバチスタ

日頃、ドラマはめったに見ないけど、昨日は「チームバチスタ」を見ました。原作も映画も見ましたので、このドラマも見たいところです(毎週見るのがちょっと苦手ですが)。また、悪いことに(うれしいことに?)今週から金曜日は「流星の絆」が始まります。1週間に2つのドラマを見続けないと・・・

ところで、原作と映画とドラマ、、、原作のイメージから配役を見ると(イメージは個人的なもので、何がいいのかわかりませんが)、今回のドラマでは桐生先生の伊原剛志がいい配役ですね。名コンビ(迷コンビ?)の田口先生と白鳥は、微妙(笑)。映画の阿部寛さんはいい感じでした。田口先生は自分の中では誰のイメージかな。ちょっと違うんですけど、映画では女性にしちゃったので、そこまで大胆変換ならイメージ払しょくの可能かもね。

しかし、映画はともかく、バチスタってドラマにはなかなか大変かと思いましたが、こうした作品がドラマ化できるのなら、私の好きな「ジェネラルルージュ」をはじめ、他の作品もどんどんドラマ化したら結構楽しいのになあ、と勝手に感じました。今回の第一話でも原作で言うところ「ブラックペアン」や「ひかりの剣」のシーン(田口が学生時代のオペ立ち会いで血がかかって失神するシーン)が話に出ていました。そんな楽しみでドラマがつながって作られると面白いですが。

ところで、今回のドラマ、犯人が原作と違うとか?当てると車が当たるかもって話ですね。このあたりも楽しみにしています。でも、伏線はあるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~(シネマ3)

Sannou公開1週間目にして1日の上映回数が1回だけになってしまって、しかも18:10からの回のみという不遇な環境で、とても平日には見に行けないので、夕食を食べずに祝日の月曜日に行きました。すでに100名収容の映画館での上映で、かなりこじんまりじたかんですが、この日の観客は私以外は1名のみ。今日1日で2名しか見ていないの?

しかし、映画は良かったです。こういう映画こそみんなが見た方がいいと思うけど。派手な宣伝もないので知らないだけかもしれないけど、佐々部清監督のいい作品になっています。

===
三本木農業高校の馬術部に所属する女子高生、菊池香苗(モデルは湊華苗さんで、長渕さんが主演)。彼女が世話をするのは視力を失いかけたコモス。猜疑心が強くなかなか懐こうとしないコスモに手を焼きながらも献身的に世話を続ける香苗。やがてコスモは香苗の愛に応えるように心を開き、ふたりは強い絆で結ばれていく。
===

続きを読む "三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~(シネマ3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イキガミ(テアトル3)

Ikigami以前から少し気になっていた映画なので見てきました。今、公開中ではこの映画の他に「容疑者X」(先週見ました)、「三本木農業」(今日続けてみました、、感想はまたあとで)です。

イキガミって、死亡予告なのに「生き紙」かと思ったら「逝紙」だったのですね。そんな無知な私が見るのですから、当然、原作の漫画も知らかったです。また、この作品が星新一の「生活維持省」に似ていることも、あとから知った次第です。

日本は、国民に命の尊さを認識させるため、国家繁栄維持法という法律によって、無作為に選ばれた者が、1000人に1人の確率で18歳から24歳の間に死ぬことになっています。

その方法は、小学校入学時に予防接種と言って注射されたナノカプセルが肺動脈にひそみ、18歳から24歳の決まった時間に破裂して若者を突然死させるのです。その本人に死亡する24時間前に「イキガミ」を届ける配達人(国家公務員のエリートのようです)藤本賢吾が主人公です。

続きを読む "イキガミ(テアトル3)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ひかりの剣(海堂尊)

これも面白く読めました。当初、海堂さんの医療ミステリーじゃなくって(ミステリー色は次第になくなっていますが)、剣道部の青春小説と言うことで、あまり馴染みもないし合わないかなと食わず嫌いでしたが、読んで見ると剣道を知らなくても緊迫感が伝わり楽しめたのです。

例によって過去の作品で発表した主人公たちの青春時代にひとコマと言うことで、東城大学剣道部主将は強いけれども責任感強すぎる速水(のちに「ジェネラルルージュ」で活躍)、一方、ライバル帝華大学剣道部主将は才能はあるけど無責任な清川(「ジーンワルツ」に登場)、そして舞台は「ブラックペアン」の1988年となっています。と舞台がそろっているので、この作品を読む前に他の作品を読んでいると楽しみ倍増です。

続きを読む "ひかりの剣(海堂尊)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪夢のドライブ(木下半太)

悪夢シリーズは「エレベータ」「観覧車」に続いて3冊目です。今までの悪夢のエレベーターも悪夢の観覧車も密室が舞台でしたが、今回はドライブと言うことで目まぐるしく舞台が変わります。売れない芸人と家出少女がに交互に語る物語という構成がなかなか面白い序盤ですが、後半はかなりのどたばたコメディで、意外なトリックに期待していた私は、意外な結末とはいえ少々物足りない感じでした。登場人物が、家出少女に売れない芸人、外国人スターにヤクザやSM嬢、、、となればどれもキャラが立っているはずですね(^^)

前作の話題も出て、登場人物も絡みがありましたが、この作品だけでも十分に単独で楽しめます。次の作品が出たら、きっと家出少女の五十嵐桜さんの活躍が見れそうな気もしますね。でも、先の2作に比べたら個人的には1ランクダウンでした(^^)

日曜日に一気読みの本でした(気がついたら今日の休みは一歩の家を出ていなかった)。
★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者Xの献身(シネマ1)

X10/4 20:00~
原作も読んでいましたが、初日に見に行きました。さすがに人気のあるテレビシリーズだったこともあり(原作も人気でした)映画館はかなりの人がいました。

原作は東野圭吾さんの同名小説で直木賞をはじめ数々のミステリー賞も受賞したもので、主人公の湯川学ことガリレオの小説はテレビドラマにもなっています。

ある日、顔をつぶされた男性の遺体が発見され、容疑者として遺体の男性の妻・靖子が浮かび上がります。しかし、完璧なアリバイがあり、捜査が行き詰ります。その捜査中、靖子の隣人・石神がガレリオこと湯川と同じ帝都大出身であることを知ります。高校の数学教師をしている石神。彼は湯川にとって、「僕の知る限り、本物の天才」と評する男だったのです。

続きを読む "容疑者Xの献身(シネマ1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気づいた人はうまくいく!(阪本啓一)

はい、いつも楽しい阪本さんの本です。ビジネスチャンスの見つけ方が57項目上がっています。もちろん過去に聞いた話もあるのですが、この手の話は何度でも聞いたり読んで、自分の体に染みつかないといけないと思っています。

この中で、ポニョの例をとって、私自身最近思っていたことに関連して、企画は絵にかけって話が、ちょうどそう思っていたので納得しました。新しいビジネスの進め方や「楽しい」がキーワードになるあたりすごく共感しています。私の好きな言葉が「之を知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」と言うのがありますが、阪本さんもそんな感じで仕事をされているのかも。

★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »