« 容疑者Xの献身(シネマ1) | トップページ | ひかりの剣(海堂尊) »

悪夢のドライブ(木下半太)

悪夢シリーズは「エレベータ」「観覧車」に続いて3冊目です。今までの悪夢のエレベーターも悪夢の観覧車も密室が舞台でしたが、今回はドライブと言うことで目まぐるしく舞台が変わります。売れない芸人と家出少女がに交互に語る物語という構成がなかなか面白い序盤ですが、後半はかなりのどたばたコメディで、意外なトリックに期待していた私は、意外な結末とはいえ少々物足りない感じでした。登場人物が、家出少女に売れない芸人、外国人スターにヤクザやSM嬢、、、となればどれもキャラが立っているはずですね(^^)

前作の話題も出て、登場人物も絡みがありましたが、この作品だけでも十分に単独で楽しめます。次の作品が出たら、きっと家出少女の五十嵐桜さんの活躍が見れそうな気もしますね。でも、先の2作に比べたら個人的には1ランクダウンでした(^^)

日曜日に一気読みの本でした(気がついたら今日の休みは一歩の家を出ていなかった)。
★★★★

|

« 容疑者Xの献身(シネマ1) | トップページ | ひかりの剣(海堂尊) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/42694335

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢のドライブ(木下半太):

« 容疑者Xの献身(シネマ1) | トップページ | ひかりの剣(海堂尊) »