« 車選び(2)初回見積もり | トップページ | 車選び(3)アイシスとプレマシーとラフェスタ »

ミッキーマウスの憂鬱(松岡圭祐)

理屈抜きに面白い!!作品でした。

ディズニーランドに派遣社員として採用された後藤の3日間を描いたものですが、ディズニーランドの裏方の話をしてもいいの?って度肝を抜かれた内容でした。確かに、ディズニーランドに地下にはスタッフの通路がいっぱいあるとか、そんな話を聞いたことがあるし、ミッキーマウスの中は女の子だとか、、、そんな話も聞いたことがあります。

以前、勤めていた会社で一緒に仕事をした後輩が大学時代にジャングルクルーズのキャストをした経験のある子がいましたが、宴会でも絶対にそのキャスト真似はしなかったですね。一度、園外に出たら機密事項だったのでしょう。それくらい魔法の国は魔法の国であり続けるからいいのでしょう。なのに、この本は・・・・(^^;

とはいえ、この本は裏方の暴露本ではないので、そのあたりを期待して読んでも、趣旨が違うかもしれません。たぶん、取材をして、架空の世界を作り出したものと思われますが、あくまでも、ディズニーの裏方はこの小説の舞台であると見た方がいいでしょう。

つまり、舞台がディズニーランド(である必要はあると私は思います)というだけで、内容的には青春小説風です。主人公・後藤の登場シーンがあまりに空気を読めないタイプだったし、しゃべりも苦手なタイプという評価だったのが、勤務3日目にして人が変ったようになり、ディズニーの世界について語るというのが出来すぎていて、ある意味、コメディにようにも思えちゃいますが、この変身ぶりも夢と魔法の国での出来事って思うと、妙に納得せざるを得ないって感じです。

★★★★★

|

« 車選び(2)初回見積もり | トップページ | 車選び(3)アイシスとプレマシーとラフェスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/43174593

この記事へのトラックバック一覧です: ミッキーマウスの憂鬱(松岡圭祐):

« 車選び(2)初回見積もり | トップページ | 車選び(3)アイシスとプレマシーとラフェスタ »