« 50歳からちょっと心を休ませる本(加藤諦三) | トップページ | カラスの親指(道尾秀介) »

福家警部補の挨拶 ~オッカムの剃刀~

映画に行こうと思ったけど1月2日の21時から、ついに福家警部補の挨拶がドラマ化されるとあって、何をおいてもこの作品を見ないとという感じで、見ました。原作本を2年半ほど前に読んだ時に、是非ともドラマ化してほしいとかいたけど、その願いがかなって?ついにその短編集(4作品)の中から「オッカムの剃刀」がドラマ化されました。だれが福家警部補になるのかと思ったら、永作博美さんでした。これは、はまり役かも(^^)(ただ、私は原作からは、ちょっとつかみにくいキャラでした)。しかも、メガネのせいもあって、笑顔はDr.スランプのアラレちゃんですね。

作風は刑事コロンボ風です(古畑も倒叙ミステリーですが)。でも、このドラマでは原作から感じた以上にコメディタッチでした。推理部分ではなく、それ以外の部分ですが。しかし、短編集の中ではこの「オッカムの剃刀」よりは、いい作品が多いと思うので、ぜひともこの後、原作もドラマも新作を期待したいものです。

このドラマが終わった後に、翌日から始まるノーカット版刑事コロンボの予告編が・・・ナイスタイミングです。毎週土曜日はこれから刑事コロンボです。

|

« 50歳からちょっと心を休ませる本(加藤諦三) | トップページ | カラスの親指(道尾秀介) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/43616709

この記事へのトラックバック一覧です: 福家警部補の挨拶 ~オッカムの剃刀~:

« 50歳からちょっと心を休ませる本(加藤諦三) | トップページ | カラスの親指(道尾秀介) »