« 社長!社員が10人になったら読む本です (黒字経営を実現する会計事務所の会) | トップページ | 希望ヶ丘の人びと(重松清) »

阪本さんのセミナー

普通はここではセミナーの話はしないのだけど、ちょっと特別に。。。
セミナーってなんで受けるのだろう、何で他人の話を聞くのだろう?

あるひとは成功事例が欲しいのかもしれないけど、私はやっぱり自分をリセットするためだと思うなあ。同じ商売をしていると、血管と一緒で、いつのまにか垢が詰まったり、これでいいと思ったり、過去の成功事例に縛られたりということがあるものです。経営者ってこんな過去にとらわれて生きているくせに、本来、過去に何をやってきたかが大切な採用試験において、新人さんに将来やりたいことを聞いたりするものです。おかしいですよね。

でも、経営者の本当の楽しみは、常に、誰も踏みつけていない積もったばかりの新雪の上に自分で初めての足跡をつけることじゃないかなと思ったります。そういう意味で、そんな気持ちになるのが阪本さんの考え方であったり、セミナーの価値じゃないかと思うのです。

もちろん、ブランド構築の手法の手順のようなものや考え方というのも話のなかにあって、大切なことだけど、でも、本質は、先を見る目を常に失わないことだと改めて思いなおす意味で大きな意味のあるセミナーだったと思います。


ところで、
どっと混むのメンバーが、このブログを読むだろうから、あえて言うけど、リライムまで行こうと思った5名の人に称賛です(笑)。本当にあのアンケート機械は面白いものです。そうそう、阪本啓一さんから、「HOPE!おばちゃんとぼく」こそ読んで欲しいという話があったので、早速買ってみました。また本の山が高くなりますが(^^;

|

« 社長!社員が10人になったら読む本です (黒字経営を実現する会計事務所の会) | トップページ | 希望ヶ丘の人びと(重松清) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/44381588

この記事へのトラックバック一覧です: 阪本さんのセミナー:

« 社長!社員が10人になったら読む本です (黒字経営を実現する会計事務所の会) | トップページ | 希望ヶ丘の人びと(重松清) »