« 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦) | トップページ | パラドックス13(東野圭吾) »

風の墓碑銘(上)(下)(乃南アサ)

音道貴子刑事シリーズの1冊。「未練」「凍える牙」「花散る頃の殺人」「嗤う闇」と言う順に読んできましたが、新しく作品が出たので読んでみました。「鎖」も続いて読みたいものです。滝沢とのコンビもファンにはたまりませんが、少し共に人間が丸くなりました(^^;

貸家の解体現場から白骨死体が発見され、その後、その貸家の持ち主が何者かに殺されるという設定で、なかなか魅力的な設定舞台です。

ミステリー的には、結末が少し物足りませんでしたが、この音道刑事のキャラクターがなによりで、楽しめました。短編でできたと思うけど、鑑識の早苗との関係の変化も面白かったです。この土日に一気読みの上下巻でした。

★★★★★

|

« 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦) | トップページ | パラドックス13(東野圭吾) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/44720739

この記事へのトラックバック一覧です: 風の墓碑銘(上)(下)(乃南アサ):

« 夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦) | トップページ | パラドックス13(東野圭吾) »