« 屋上ミサイル(山下貴光) | トップページ | GOEMON(テアトル5) »

そして誰もいなくなった (アガサクリスティー(著),清水俊二(翻訳))

すでに読んでいる作品をまた手にしたわけで、しかも推理小説となれば犯人もばればれ(と言ってもずいぶん昔に読んでいるし、正確に犯人を記憶していないのです)・・で、面白さも半減ということになりがちですが、この作品はそれでも面白かったです。一気に読ませる魅力を持っていますね。

また少しクリスティーの作品を追加で読んでみたくなりました。

★★★★★

|

« 屋上ミサイル(山下貴光) | トップページ | GOEMON(テアトル5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋上ミサイル(山下貴光) | トップページ | GOEMON(テアトル5) »