« 余命1ヶ月の花嫁(シネマ1) | トップページ | 天使と悪魔(テアトル1) »

五匹の子豚(アガサ・クリスティー(著),桑原千恵子(翻訳))

16年前殺人事件、判決も終わっている事件。「母は無実だったのです」と言う娘の頼みにポアロは、この事件に対して、関係者からその時の状況を検証するのです。16年前のこと、若い恋人に走った高名な画家を妻が毒殺し、裁判の末に獄中死したのです。

インタビューと手記から浮かび上がる真実、なかなか面白い設定の作品で、クリスティ再読シリーズの中ではかなり面白かったです。

★★★★☆

|

« 余命1ヶ月の花嫁(シネマ1) | トップページ | 天使と悪魔(テアトル1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/45047138

この記事へのトラックバック一覧です: 五匹の子豚(アガサ・クリスティー(著),桑原千恵子(翻訳)):

« 余命1ヶ月の花嫁(シネマ1) | トップページ | 天使と悪魔(テアトル1) »