« ハゲタカ(真山仁) | トップページ | 偉大なる作曲家たち ~ヘンデル&バッハ~ヘンデル没後250周年記念 »

ニセ札(メトロ)

Nisesatu映画のチケットを買おうとして窓口に1000円札を出したら「ニセ札ですね」と言われてドッキリ。しかし、よく考えたら「ニセ札」という映画を見に来たのでした。

戦後間もない頃、軍国主義から民主主義へと世の価値観が変わったころ、世の中では聖徳太子の顔が書かれた新千円札が登場します。そんな中、山あいの和紙の産地で、村あげてのニセ札づくりがスタートします。
村の名士で元軍人だった戸浦の「誰がニセ札で死にます?」「日本だって戦争中、中国でニセ札を作ってたんや」という言葉に、小学校教頭のかげ子は、「お金があれば、村の貧しい家庭の児童たちももっと教育を受けることができる」と決心します。

この村ぐるみのニセ札づくりという罪の薄さとスケールにちょっと興味を持ちました。なかなかいい題材ですね。実際に山梨県であった話がベースになっているようです。

 
映画自体の題材は面白いけど、映画そのものは何となく中途半端な印象でした。コメディでもないし、かと言って、お金の意味を問うものでもないようだし・・・裁判では、紙きれでしかないという話が出てきますが、なかなか心を打たない感じでした。今やお金が電子的になってしまったのが皮肉にも思える内容でしたが・・・倍賞美津子のかげ子の裁判での言葉に期待はしていたのですが・・・このあたりが残念。

登場人物の中で、印刷のプロである元軍人の小笠原、この登場が「福井県武生市から来た」という紹介には驚きました。あの小笠原はどこに行ったのでしょう?海外逃亡とのことですが・・・。

★★★★

|

« ハゲタカ(真山仁) | トップページ | 偉大なる作曲家たち ~ヘンデル&バッハ~ヘンデル没後250周年記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/45424049

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ札(メトロ):

» 映画「ニセ札」20090411-|監督/木村祐一:出演/鈴木理子・遠藤憲一 [映画「ふみ子の海」(原作/市川信夫・監督/近藤明男・主演/鈴木理子)応援ぶろぐ]
<公式リンク> 映画「ニセ札」公式サイト http://www.nisesatsu.jp/ 2009年4月11日(土)~テアトル新宿 ・シネカノン有楽町2丁目 他 全国順次ロードショー  映画「ニセ札」公式サイト劇場情報  映画「ニセ札」公式サイト最新情報 ニセ札公式木村祐一ブログ... [続きを読む]

受信: 2009.06.27 07:05

« ハゲタカ(真山仁) | トップページ | 偉大なる作曲家たち ~ヘンデル&バッハ~ヘンデル没後250周年記念 »