« 雪冤(大門剛明) | トップページ | 終の住処(磯崎憲一郎) »

会社のお金はどこへ消えた?―“キャッシュバランス・フロー”でお金を呼び込む59の鉄則(児玉尚彦)

いい本でした。小さな企業の経営者は読んでいて損はない良書です。本のタイトルからはキャッスフローについての記述と資金繰りに関する解説書と思われるかもしれませんが、ちょっと視点が違い、そのところが新鮮でもあります。

キャッシュという観点から会社経営の考え方にまで言及されていて、それが一般の解説書とは全く違った実務的な本となっています。経営というものが、いかに金を動かして金を増やすか、そう言ったことで日々の会社運営を考えると面白いものです。

と、私の下手な感想よりも是非一読を。

★★★★★

|

« 雪冤(大門剛明) | トップページ | 終の住処(磯崎憲一郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/45940318

この記事へのトラックバック一覧です: 会社のお金はどこへ消えた?―“キャッシュバランス・フロー”でお金を呼び込む59の鉄則(児玉尚彦):

« 雪冤(大門剛明) | トップページ | 終の住処(磯崎憲一郎) »