« プレゼン・意見発表が別人のように上手くなる6つの押さえどころ(田中義樹) | トップページ | 悩む力(姜尚中) »

新参者(東野圭吾)

うまいなあ。さすがです。

前知識なしに読み始めましたが、読んでいるうちに「これは短編集だったのか」と思いました。9章仕立てですが、1つ1つの章それぞれが日本橋で住む人たちの小さな謎があり、その解決事態に「人情」をテーマに、ほっとするようないい話になったりしています。
それぞれの章の話はかなり質が高いと感じました。しかし、そうした連作短編集というだけでなく、その背景には1つの殺人事件を追う加賀刑事の事件捜査があります。練馬署から日本橋署に移ってきたばかりの「新参者」加賀警部補が、日本橋という人情味あふれる謎を解くという設定がうまくマッチした作品のように思います。

★★★★★☆人形焼き

|

« プレゼン・意見発表が別人のように上手くなる6つの押さえどころ(田中義樹) | トップページ | 悩む力(姜尚中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/46274593

この記事へのトラックバック一覧です: 新参者(東野圭吾):

« プレゼン・意見発表が別人のように上手くなる6つの押さえどころ(田中義樹) | トップページ | 悩む力(姜尚中) »