« ボトルネック(米澤穂信) | トップページ | チェコフィルハーモニー管弦楽団(東京文化会館) »

Live,Love,Drive~死神の精度

Sinigami紀伊國屋サザンシアターまで行って見てきました。ご存知、伊坂幸太郎さんのこの原作は、映画化もされていますし、舞台化もされています。タイミングがあったので、今回は、この舞台を見てきました。原作から「恋愛で死神」と「旅路を死神」と「死神対老女」の3つの話の舞台化しています。個人的には大変楽しめました。原作を忘れているからね、かなり新鮮(笑)

死神を演じていた羽場さんは、それらしい雰囲気でなるほどと思いました。この作品ではどうしても死神をどのように表現するかというのが演出者や役者さんの腕の見せどころじゃないのかな。羽場さん演じる死神は黒のセーターに黒のジャケットという、ある意味死神としては平凡な服装(笑)。しかもセリフも笑いは取るものの、概ね淡々として傍観者的立場をうまく表していました。

 
でも、その死神に動揺を与えるほどの「死神対老女」での老女役の芳本美代子さん。人は長く生きると死神にも動じないほどになるのか。あれ?死神のことは記憶から消えているはずですよね?記憶から消えているのに「あなたのような人が現れる」ってっセリフがあったけど?オリジナルかな?パンフレットを買って調べればよかったかな。

★★★★★天使のいる図書館

|

« ボトルネック(米澤穂信) | トップページ | チェコフィルハーモニー管弦楽団(東京文化会館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/46852643

この記事へのトラックバック一覧です: Live,Love,Drive~死神の精度:

« ボトルネック(米澤穂信) | トップページ | チェコフィルハーモニー管弦楽団(東京文化会館) »