« 七回死んだ男(西澤保彦) | トップページ | 頂きはどこにある?(スペンサー・ジョンソン(著),門田美鈴(翻訳)) »

週刊文春の2009ミステリーベスト10

週刊文春を読んでいて、今年のミステリーベスト10を発見。改めて、ああ、ベスト10の季節になったのだなあって、改めて実感です。今年はあわただしくって、ちっとも気が付きませんでしたが、考えてみたらもう「このミステリーがすごい」のベスト10も今週くらいに発表かな。

自分の読書のベスト10も紹介しないといけないけど、それは12月20日以降かな。まずは年賀状が先です(^^;

 
●1 新参者(東野圭吾)
○2 ダブル・ジョーカー(柳広司)
●3 鷺と雪(北村薫)
○4 Another(綾辻行人)
 5 追想五断章(米澤穂信)
○6 無理(奥田英朗)
 7 粘膜蜥蜴(飴村行)
○8 オリンピックの身代金(奥田英朗)
 9 龍神の雨(道尾秀介)
○10同期(今野敏)

●は既読、◎は読む予定、○は読むかもってことです。

今年はベスト10に入るような本は読んでいなかったと思ったけど、意外にも1位と3位が読んだ作品でした。2位と8位と10位は読もうかなとまで思ったけど、なんとなく気分が合わなかったのかな。昨年は既読は1冊(ただし最終的には3冊読んだ)だったことから比べたら、毎年こんなものかも。

|

« 七回死んだ男(西澤保彦) | トップページ | 頂きはどこにある?(スペンサー・ジョンソン(著),門田美鈴(翻訳)) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/46959284

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊文春の2009ミステリーベスト10:

« 七回死んだ男(西澤保彦) | トップページ | 頂きはどこにある?(スペンサー・ジョンソン(著),門田美鈴(翻訳)) »