« 福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2010年 | トップページ | サロゲート(テアトル4) »

カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾)

今回も楽しませていただきました。ちょっと犯行の動機とその手法には、かなり無理があり現実的にはあり得ないと思いますが、最近の犯罪は現実の方が小説よりもあり得ない犯行だったりしますからねえ。

骨髄移植と来たか・・・なるほど。うまい追い込みでした。これで俄然、展開が気になるようになり、徹夜してでも読みたくなるかも。とにかく読ませることに関しては感心するほどうまいです。

前作、新参者のしっとりとした雰囲気が好きでしたが、今回のエンターティメント風も映画化などには映えるかもしれません。でも、どうしても、犯行の動機と言うか、正確には動機はいいとして、だからといってこんな犯行を仕組むのか、と言うところが納得いかない感じでした。

★★★★☆

|

« 福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2010年 | トップページ | サロゲート(テアトル4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47360506

この記事へのトラックバック一覧です: カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾):

« 福井県観光物産展(新宿京王百貨店)2010年 | トップページ | サロゲート(テアトル4) »