« 南極料理人(メトロ劇場) | トップページ | ハプスブルク家12の物語(中野京子) »

「つらぬく」経営(池内計司)

正月に読む本として取り寄せておき、ばたばたの1日だったけど、どうにか予定通りに読み終えた本です。以前から話に聞いていた「風で織るタオル」で有名な池内タオルさんの書いた本です。

今治と言えばタオルの産地として有名ですが、安い輸入品に押される一方の衰退産業でもあります。そんな環境の地方の中小企業(地場産業のような)と言うのは他の産業でもありそうですが、そんななか、池内タオルは取引先の破綻の影響で民事再生を申請。この苦労は大変なものだろうと思いますが、そこを脱して自社ブランドを築くことを「つらぬく」という意味では、なかなか大したものだと思いました。

ただ、残念なのは、このタイトル。つらぬく経営と言うタイトルと本の中身は少々違うような気がします。

★★★○

 
・・・と読後の感想。
すでに元旦に読んで感想を書いていましたが・・・

その後、ここまで読んじゃうと「風で織るタオル」を使ってみたくなります。どこが違うのか?ということでネットで買ってみました。商品は確かに薄いですけど、フワフワ感があるかも。これから使い込むと違いがわかるでしょう。

でも、発送に関しては、少々お粗末。1/2に注文したら1/6到着希望というのを選べるようにんっており、それを選びました。ところが1/5になると、出荷は1/7からとなっていますというメールが来ました。確かに到着希望日選択機能が自動化されていると、正月休みなどの大型連休時には実際には到着しない日が選択できたりします。そこはしょうがないようねえって思っていました。

しかし、1/7からの出荷というのは??いつになるというのだろう。そこが書かれていなくて、8日になっても届かず、11日になって出荷が遅れているとの案内があり、12日になるといきなり出荷しましたメール。この間、私が希望した1/6着のことには一切触れられていなくて、、、、
のんびり待っていたからいいようなものですが、贈答などで配るなどの時間がせまっているときなどは、ちょっと不安な受注確認と配送でした。

★★★←本じゃなくてタオルの注文の評価です。

|

« 南極料理人(メトロ劇場) | トップページ | ハプスブルク家12の物語(中野京子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47287281

この記事へのトラックバック一覧です: 「つらぬく」経営(池内計司):

» 池内タオル株式会社 [今治バリバリリンク集]
池内タオル株式会社 今治市延喜甲762 0898312255 池内計司社長blog 『風で織るタオル』社長の部屋gt;NHK朝ドラ『瞳』見てて驚いた!瞳が使っているタオルは何とストレーツ・カラー・ソリッドでした。色番はNo.12のライトブルー。2001年に今治専用モデルとして発売したこのシリーズは2002年にNYホームテキスタイルショーでNew Best Award受賞を契機にアメリカ上陸。そして日本でも全国発売。いまでは、すっかり、世界の定番となりました。ハンカチ王子がNo.73をアメリ... [続きを読む]

受信: 2010.01.14 12:56

« 南極料理人(メトロ劇場) | トップページ | ハプスブルク家12の物語(中野京子) »