« ゴールデンスランバー(シネマ1) | トップページ | 会社のデスノート(鈴木貴博) »

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト(酒井穣)

コンパクトだったので気楽に読み始めたけど、意外に深い内容までかかれていて、読んでいくにつれて、じっくり読むようになり、読み終えるのにかなり時間がかかった本です。人材育成を担当する部署があるような大企業だけでなく、小さな企業の経営者が自社の社員の育成にかかわるような場面でも有効かと感じました。

「教育とはバケツに水を満たすことではない、火をつけて燃やしてやることである」という言葉が引用されていましたが、教えるから自らが学ぶ環境や養育のプログラムが必要ということで、弊社でも似たようなことをやっている読書手当などの例も参考にしたいところです。社内ミニブログや将来への自分の手紙など、面白い企画かもしれない。早速実施してみようかと思った。

★★★★○

|

« ゴールデンスランバー(シネマ1) | トップページ | 会社のデスノート(鈴木貴博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47591107

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト(酒井穣):

« ゴールデンスランバー(シネマ1) | トップページ | 会社のデスノート(鈴木貴博) »