« 会社のデスノート(鈴木貴博) | トップページ | 強い者は生き残れない(吉村仁) »

エビータ

Evita劇団四季の自由劇場で観てきました。
昔、1980年の初めころに就職して、一緒に仕事をしていた先輩に誘われて、日生劇場に見に行ったミュージカルがこのエビータ。たしか、久野綾希子さんで、カネボウの化粧品のブランドにもなっていたので、会場は女性がいっぱいだったのを覚えています(そんな中、男二人で・・・)。

今回は、主演のエビータは野村玲子さんです。以前のエビータでは「赤」のイメージが強かったけど、今回は、貫禄のイメージですね(^^;。ちょっと若い蓮っ葉な態度の部分は、小悪魔的な魅力に乏しかったけど。

前回みたときに記憶はもう薄れているし、今回ほど話をしっかり追えたのはよかったです。進行役が「チェ・ゲバラ」風の(それだと思うけど(^^;)人がやっているというのも、前回では記憶に全くなかったです。「アルゼンチンよ 泣かないで(DON'T CRY FOR ME ARGENTINA)」では、よく印象に残っていました。

今回は、前から2列目。自由劇場のこの席はいい場所でした。

|

« 会社のデスノート(鈴木貴博) | トップページ | 強い者は生き残れない(吉村仁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47655731

この記事へのトラックバック一覧です: エビータ:

« 会社のデスノート(鈴木貴博) | トップページ | 強い者は生き残れない(吉村仁) »