« 僕の明日を照らして(瀬尾まいこ) | トップページ | ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本(中野明) »

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海)

話題になっているので、手にしました。最近はこの手の表紙のビジネス入門書もあるので、若い人は、、、なんて年寄りじみたことを思ったりしました。

実はドラッカーを読んだことのない私には、ある意味面白かったです。野球のマネジャーとマネジメント、確かに言葉は似ているけど、そこに着目したのは感心です。

ダメな野球チームがドラッカーのマネジメントを読んで実践しようとするマネージャーの力によって、みるみる力をつけていくと言うおとぎ話のようなハッピーストーリーです。
出来すぎの点は目をつぶるとして、ドラッカーを読んだことがある人はどんな感想でしょうね。個人的には、これは話としては面白いですが、マネジメントに生かすには、もう少し体系的に自分なりにまとめる必要があり、これで満足することなく、やっぱり本作を読んだ方がいいような。

この本を機会に元の本を読んでみたいと思う人が多くなったのなら(実際に、マネジメントのエッセンシャル版は、売り切れが続いているとか・・・)それもこの本の効果かも。私も読んでみよう。

★★★★☆

|

« 僕の明日を照らして(瀬尾まいこ) | トップページ | ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本(中野明) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47892757

この記事へのトラックバック一覧です: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎夏海):

« 僕の明日を照らして(瀬尾まいこ) | トップページ | ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本(中野明) »