« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | 毒殺魔の教室(塔山郁) »

シャッターアイランド(テアトル3)

Si普通なら字幕版しか見ないけど、超日本語吹替え版と言う「超」がつくので意識して吹替え版を見ました。初めてのことかも。でも、なんで「超」?映像に集中出来るようにって意味だけなのかな?

「あなたは上映開始から何分でこの謎が解けるか?」なんて挑発的な予告編を見ていたから、「何分」ということは、すぐにでも伏線や謎ときヒントがあるのか、、って、そちらばかり気にしちゃって、結構、損な映画になっているかもしれませんね。そもそも謎とき映画になっていないような気もします。


話の内容はネタばれご希望の方には、別のブログを読んでいただくとして、こちらでは、一切その話はやめておきましょう(^^)。個々の伏線自体は、納得できないものも多いので言いたいことは多いのですが(笑)

話の舞台は1954年。その当時からアメリカの学校は週休2日だったのか?それがすごいって思ったりして。日本の学校の週休二日は1990年代だったと思う。

★★★

|

« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | 毒殺魔の教室(塔山郁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48119565

この記事へのトラックバック一覧です: シャッターアイランド(テアトル3):

« のだめカンタービレ最終楽章後編 | トップページ | 毒殺魔の教室(塔山郁) »