« 儲ける社長の「頭の中」(川合善大) | トップページ | “100年企業”を創る経営者の条件―独自固有のブランドの築き方・育て方(佐藤芳直) »

ハートロッカー(テアトル2)

Hurtイラクを舞台にアメリカの爆発物処理班のブラボー中隊に、ジェームズ軍曹という新たなリーダーが赴任してくるところから始まる。この危険極まりない任務を遂行するには、爆弾の解除を実行する班長とサポート役の兵士とのチームワークが必要不可欠だが、ジェームズは独断で無謀な行動をすることが多かった。

今年の作品賞や監督賞含む最多6部門受賞!と言うことで人気の映画でしょうか?お客は結構入っていました。

爆弾処理のシーンなど緊張する場面が多いです(爆弾自体の爆発よりもどこから狙われているか分からない恐怖感の方が大きいです)。それも音響編集賞を取っただけのことはあると思ったものでした。ただ、それ以上ではないような・・・・。アバターとどちらかと言われても困るけど、スラムダンクとは違った意味で熱い映画なので、その流れはあるのかな。

★★★○


|

« 儲ける社長の「頭の中」(川合善大) | トップページ | “100年企業”を創る経営者の条件―独自固有のブランドの築き方・育て方(佐藤芳直) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/47994096

この記事へのトラックバック一覧です: ハートロッカー(テアトル2):

« 儲ける社長の「頭の中」(川合善大) | トップページ | “100年企業”を創る経営者の条件―独自固有のブランドの築き方・育て方(佐藤芳直) »