« マドンナ・ヴェルデ(海堂尊) | トップページ | のだめカンタービレ最終楽章後編 »

医学のたまご(海堂尊)

中高生向けの本ですが、それなりに楽しめました。医学のことは中高生向きとは思えないけど、大人でも出来ないからまあいいか(笑)。話は、普通の中学生がひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で研究をすることに、、、その中学生が、ジーンワルツやマドンナヴェルデの双子のひとり、曽根崎薫君。さりげなくシッターの山科さんが出てくるけど、もちろん生みの親で祖母にあたる山科みどりさん。

中学生4人組は、よくあるパターンの4人組。あれって、やっぱり王道なのかな。そういう意味では、藤田教授もどこかにいそうな感じ(^^;

★★★★○

|

« マドンナ・ヴェルデ(海堂尊) | トップページ | のだめカンタービレ最終楽章後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48095700

この記事へのトラックバック一覧です: 医学のたまご(海堂尊):

« マドンナ・ヴェルデ(海堂尊) | トップページ | のだめカンタービレ最終楽章後編 »