« 子供に教える「経済学」(木暮太一) | トップページ | 繁栄し続ける会社のルール(小宮一慶) »

さよならドビュッシー(中山七里)

久しぶりにミステリーを読んだので、もうそれだけで楽しめました。「このミステリーがすごい大賞」受賞作品ですが、なんとなく、かつて第1回目の同じ大賞受賞作品「四日間の軌跡」を思い出させてくれました。

船に乗れでも扱っていたクラシックが、この本でもピアニストとして扱われています。さよならとドビュッシーに言うタイトルも素晴らしいです。

ピアニストを目指す遥は16歳。恵まれた家庭環境で、音楽高校も特待生で合格しますが、ある日、祖父と帰国子女の従姉妹とともに、火時に巻き込まれ、ただ1人生き残ります。全身大やけどの死の淵から奇跡の回復で、ピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むことになりますが、周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する・・・・と言う内容です。

最後の意外な結末も・・・
唯一、違和感を思ったのは、16歳にしては、言葉がやけに大人っぽかったこと。
でも、一気に読ませてくれる作品でした。

★★★★★○

|

« 子供に教える「経済学」(木暮太一) | トップページ | 繁栄し続ける会社のルール(小宮一慶) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48036645

この記事へのトラックバック一覧です: さよならドビュッシー(中山七里):

« 子供に教える「経済学」(木暮太一) | トップページ | 繁栄し続ける会社のルール(小宮一慶) »