« 1Q84 BOOK 1(村上春樹) | トップページ | 1Q84 BOOK 3(村上春樹) »

1Q84 BOOK 2(村上春樹)

複雑な解説は他の方に任せちゃうとして、ヤナーチェックのシンフォニエッタが作品全体で重要な曲になっているのはうれしい。

シンフォニエッタならクーべリックだろうと思うけど、青豆はセル指揮の演奏だったし、天吾は小澤征爾指揮のものでした。共にかなり前の演奏で、私が聞いているのは、ティルソントーマス指揮のロンドン交響楽団のもの。でも、1984年が舞台だから、この1990年の演奏は持つことはできないですね。

当時は携帯もないし、CDもまだ普及には程遠い時期。インターネットもないし、、でも、家庭内に置く健康器具ってあっただろうか?あってもぶら下がり棒だったかも、、庶民は(^^;

後でわかったことだけど、地下鉄サリン事件に影響を受けたとか。阪神大震災も含めてその事件が起きたのは1995年だったかな。

★★★★☆

|

« 1Q84 BOOK 1(村上春樹) | トップページ | 1Q84 BOOK 3(村上春樹) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48273845

この記事へのトラックバック一覧です: 1Q84 BOOK 2(村上春樹):

« 1Q84 BOOK 1(村上春樹) | トップページ | 1Q84 BOOK 3(村上春樹) »