« ラッキーマン(マイケル・J・フォックス) | トップページ | 女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!(宮村浩気) »

黒い森(折原一)

表からも裏からも読めるし、両方から読み終えた真ん中には解決編の袋綴じがあると言う凝りに凝った本となっています。構成そのものがトリックなのかもしれないし、確かに物語から言えば、互いに歩み寄ると言う雰囲気は、この構成が演出しているようにも思います。

でも、以前ほど、面白いとは思わなくなってしまいました。話も特に際立ったものがなかったし、驚きの結末と言うのもないし、、、袋とじに負けてしまう感じです。本自体の遊び心に対して、話自体の盛り上がりやクライマックスの驚きが物足らないからでしょう。

★★★

|

« ラッキーマン(マイケル・J・フォックス) | トップページ | 女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!(宮村浩気) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48335017

この記事へのトラックバック一覧です: 黒い森(折原一):

« ラッキーマン(マイケル・J・フォックス) | トップページ | 女ゴコロがわからなくてビジネスができるか!(宮村浩気) »