« 君の望む死に方(石持浅海) | トップページ | なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) »

告白(テアトル3)

Kokuhaku原作も話題になり、私もその本を読みました。ショッキングな出だしの告白で、なかなか不気味な雰囲気があり、次を読まずにはいられないと言うなかなかの力作でしたが、映画も原作に近い形でなかなかサスペンスを盛り上げてくれます。

全体的な構成は原作に忠実ですが、告白の切り替えに関しては、ちょっとあいまいな感じでした。その分、映像による訴え方があるので、映画化には成功している作品です。

原作を読んだ方ももう一度映画館で楽しめるのかも(と言う私は、1年以上前に原作を読んでいたこともあって、ラストはすっかり霧の中状態でしたので、この映画を見ても新鮮だったかも)

★★★★○

|

« 君の望む死に方(石持浅海) | トップページ | なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48619895

この記事へのトラックバック一覧です: 告白(テアトル3):

« 君の望む死に方(石持浅海) | トップページ | なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) »