« なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) | トップページ | 日本経済の真実(辛坊治郎,辛坊正記) »

オーディンの鴉(福田和代)

「ヴィズ・ゼロ」で緊迫したサスペンスがよかったので、この作品も期待です。帯にも・・・

「私は恐ろしい」。不可解な遺書を残し、閣僚入り間近の国会議員・矢島誠一は、東京地検による家宅捜索を前に謎の自殺を遂げた。真相を追う特捜部の湯浅と安見は、ネット上に溢れる矢島を誹謗する写真や動画、そして、決して他人が知り得るはずのない、彼の詳細な行動の記録を目にする。匿名の人間たちによる底知れぬ悪意に戦慄を覚える二人だが、ついに彼らにも差出人不明の封筒が届きはじめる…。

とあり、かなり大がかりなネット関係のサスペンスと思って期待しました。

読んだ印象は、「ヴィズ・ゼロ」の時とは違ったかな。主人公の湯浅の印象が当初の印象から悪にひとりで立ち向かう感じがしなかったのが大きな要因だったかも。情報の氾濫や個人情報の漏えいなど、あたかもって印象はありますが、なぜかすっきりしなかったなあ。ラストの謎ときの対決場面も・・・映画のシーン向けかな(^^;

★★★★

|

« なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) | トップページ | 日本経済の真実(辛坊治郎,辛坊正記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48619918

この記事へのトラックバック一覧です: オーディンの鴉(福田和代):

« なぜザ・プレミアム・モルツはこんなに売れるのか?(片山修) | トップページ | 日本経済の真実(辛坊治郎,辛坊正記) »