« iPhone+iPad×Googleでビジネスを加速する方法(中嶋茂夫) | トップページ | あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの(菅伸子) »

アップルvs.グーグル(小川浩, 林信行)

この本は興味深い内容でした。一読の価値ありですね。

以前ならマイクロソフトvsアップルとか、ウィンドウズvsMACだったでしょうけど、今やアップルvs.グーグルなんですね。iphoneやipadを使っている方ならなるほどと思うような内容も多いはずです。

iTunesがクラウド化されたら、もはや母艦としてのPCはなくてもiphoneやipadが使えるようになるわけで、個人使用としてのPCがどうなるのかも興味が尽きません。実際にipadを触ってみると、そのスピードとgoogleを利用したサービスから、PCがすごく時代遅れに感じるから不思議です。

私がNECに入ったのはもう30年以上まで、辞めてから20年がたちました。辞める時にはパソコンはDOSの世界だったけど、すぐにWindows3.0が出て、3.1が出て、買ったパソコンはIBMでした。あれから20年近く。ずっとWindowsでIEだったけど、最近、chromeに変えて、ipadをつかようになって、どんどん環境も変わってきている感じです。

情報もホームページやメルマガから始まり、それがブログになりツィッターになり、どんどん何時でも何処でも誰でも、、、という感じで変わってきています。

今後は価値観も随分変わってくると思います。

また以前から気になっていたことだけど、その思いが本文に書かれていた。
==
ソーシャルメディアマーケティングとは、ソーシャルメディアを
駆使するのではなく、ソーシャルメディアを意識するマーケティング
であるとの認識に至っている。
==

ちなみにタイトルはvsとなっているが、本の説明によると過去のマイクロソフトvsアップルのような全面戦争ではなく近親増悪的な関係にありながらどこか歩調合わせる不思議な間柄。共に相手が必要であり邪魔であるのは、目指すものが同じであってもアプローチの違いがあるのだろうか。

何をおいても

「革新的なアイディアや商品には必ず、裏腹の脆さや危うさが存在する。
 リスクをとっていることによる、その危うさやはかなさが、商品に
 切ないほどの輝きを与えている。」

という言葉通り、本気で世の中を変えるような「切ないほど輝きをもった商品」を提供していきたいものだなあ。

★★★★★☆

|

« iPhone+iPad×Googleでビジネスを加速する方法(中嶋茂夫) | トップページ | あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの(菅伸子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/48969784

この記事へのトラックバック一覧です: アップルvs.グーグル(小川浩, 林信行):

« iPhone+iPad×Googleでビジネスを加速する方法(中嶋茂夫) | トップページ | あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの(菅伸子) »