« 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) | トップページ | 家日和(奥田英朗) »

白銀ジャック(東野圭吾)

東野圭吾さんだから期待値も高いので、かわいそうな面もありますが、これは期待外れの作品ですね。ボリュームの割にはミステリーとしては薄いです。

ネタばれになるので言えないけど(笑)、こんな動機でこんな犯罪を起こすと言うのが、どうもピンとこなかったです。ページ数の割には、、、って感じで、もし他の作家だったら読んでいなかったかも(笑)

作者がスキー好きで、過去にも「鳥人計画」「カッコウの卵は誰のもの」などスキー関連作品はありましたが、どれもそれほど強い印象を受けていないのは、、私がスキーをしないから??(^^;。新作が文庫本で出されたのはありがたかったです。2時間サスペンスドラマってことでどうでしょう。

★★★

|

« 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) | トップページ | 家日和(奥田英朗) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/50162417

この記事へのトラックバック一覧です: 白銀ジャック(東野圭吾):

« 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) | トップページ | 家日和(奥田英朗) »