« プラハ迷宮の散歩道(沖島博美) | トップページ | 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) »

仕事の思想(田坂広志)

いい本でした。仕事を始めて30年くらい経った私が読むものかどうか、ちょっと考えましたが、それが逆によかったかも。

これは就職活動や新人さんがちょっと読んでもなかなか深い意味までは理解できないのではないでしょうか?それでも、これから仕事をする人が読むことを勧めますが・・・

語り口が柔らかいのと、全10話の流れがスムーズなので、一読して納得しちゃう魅力がありますが、それを仕事の経験の少ない人だと、表面的にとらえてしまう不安もあります。
仕事とは結局人につながることかなと考えさせられますが、この10年以上前に書かれた本に「顧客に共感する」という話があることに驚きました。「顧客との共感」がもたらす素晴らしい世界、、、読めば読むほど深い本でした。

★★★★★

|

« プラハ迷宮の散歩道(沖島博美) | トップページ | 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/50101437

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の思想(田坂広志):

« プラハ迷宮の散歩道(沖島博美) | トップページ | 部下を自立させる上司の技術(吉田典生) »