« 羅生門(黒澤明(監督)) | トップページ | はじめての現代数学(瀬山士郎) »

アンストッパブル(テアトル1)

Unstop今年初の映画です。
ちょっとしたころから、無人の貨物列車が暴走を始めますが、しかも、その貨物には、有毒化学物質と、大量のディーゼル燃料を搭載していたのです。この暴走列車を安全に止めるには・・・って、パニック映画です。

暴走列車と言っても、機関車トーマスや日本の洗練された特急なら、どうにか止められそうですが、どうしてかいつも不思議ですが、アメリカの暴走する列車は、どれも「怪物級」です。何の理由があってあそこまで頑丈なものを作るのか(笑)

車にぶつかっても車を破壊し、脱線装置で脱線するどころか、その装置を蹴散らし・・・。全く手に負えないものが暴走するものですね。


この映画はそう言うことで暴走列車のパニック映画なんですけど、パニック映画の王道と言いますか、パターンと言いますか、
・ちょっとしたミスが大変な事故になる
・現場の責任者の対策意見は会社の上司に無視される
・会社の上司の作戦はことごとく失敗する
・アウトロー的主人公が身を呈してパニックに立ち向かう
・主人公は家庭的なトラブルを持っている
・このパニックに立ち向かう姿を見て、家族が復活する
・ギリギリのところで助かる
こう言うのは、よくありますね。

この作品もすべての要素を満たしますが、分かっていても結構面白く出来ています。

デンゼル・ワシントンとクリス・パイン(スタートレックをどうしても思い出してしまう(笑))とのコンビもよかったです。

残念なのは、ときどき列車のスピードが分からない(見た感じがすごく遅く見えるときがあります)。セリフでスピードを言うことで、ああそれくらいかと思いますが、、でも、すごく遅く見えます。あれって、へビュー級ボクサーの動きが遅く見えるのに似ているのかな?

★★★☆

|

« 羅生門(黒澤明(監督)) | トップページ | はじめての現代数学(瀬山士郎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/50536233

この記事へのトラックバック一覧です: アンストッパブル(テアトル1):

» 映画「アンストッパブル」99分 張りつめた緊迫感に今年初の満点! [soramove]
「アンストッパブル」★★★★★面白かった デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン出演 トニー・スコット監督、99分 、2011年1月7日公開、 2010,アメリカ,FOX (原作:原題:UNSTOPPABLE )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「実際の列車事故をベースにした作品、 小さな人為的ミスが重なり 有毒な科学薬品を搭載した無人列車が暴走!  こ... [続きを読む]

受信: 2011.02.01 08:02

« 羅生門(黒澤明(監督)) | トップページ | はじめての現代数学(瀬山士郎) »