« 悪い奴ほどよく眠る [DVD](黒澤明) | トップページ | おしまいのデート(瀬尾まいこ) »

ルームメイト(今邑彩)

帯に「ミステリー好きはぜひ! ミエミエな展開だなあと思っていたら、意外な方向に話は進んで、いやあ まんまと騙されました。」と書かれているので買った本。この帯は販売には貢献していると思うが、逆に本作の魅力を大きく損なってしまっている。この帯のコメントのお陰で、本の物語に入っていけないのだ、どうしても傍観者的に構えてしまう。

ミステリーには古典的作品によく見られるように探偵が読者に挑戦という楽しみ方もあるでしょう。でも、私の場合は、柔道の練習で気持ちよく技をかけられるように、探偵と競争なんかしたくなくて、見事に騙されたい派なんですね。という意味では、この帯は邪魔になったかも(でも、なければ買っていない(笑))

かつて西村京太郎さんが若かりし頃、社会派ミステリーや本格モノを書いていた時代に「殺意の双曲線」という作品があって、その本には「この本のトリックには双子が使われています」という宣言がある作品があった(「ノックスの十戒」に沿ったものであるが)。この宣言は逆に騙されるトリックの伏線だった、、と大変楽しめた。となるとこの作品にとってどんな帯がよかったのか。

作品自体は、う~~ん、ちょっとどうかな。双子ではないけど、多重人格を扱った作品だけど(多重人格に詳しくないけど)無理な設定も多いし、にわかには信じられない話が多く、まあ、謎ときがメインだからしょうがないのだろうけど、いまいち消化不良の作品だった。

★★★

|

« 悪い奴ほどよく眠る [DVD](黒澤明) | トップページ | おしまいのデート(瀬尾まいこ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/51564002

この記事へのトラックバック一覧です: ルームメイト(今邑彩):

« 悪い奴ほどよく眠る [DVD](黒澤明) | トップページ | おしまいのデート(瀬尾まいこ) »