« 企業文化(エド・H.シャイン(著),金井寿宏(翻訳),尾川丈一(翻訳),片山佳代子(翻訳)) | トップページ | ブラックスワン(テアトル3) »

ファントム・ピークス(北林一光)

全く前知識がないまま読んだ本ですが、一気に読んでしまうような、ぐいぐい引き込まれるスピード感あふれる作品でした。

前知識がないのに読むきっかけとなったのは、帯に「宮部みゆき氏絶賛」とあったのと、「山には、一体何が潜んでいるのか!?稀有の才能が遺した、超一級のパニック・エンタテイメント」と説明があったためです。

稀有の才能が遺した??
そう、この作者は、もともと映画宣伝会社のプロデューサーを経て執筆活動を始め、2005年にこの作品が松本清張賞の最終候補になり、その翌年に癌で若くして亡くなっているのです。この本も友人の手でなくなった翌年に出版にこぎつけたとの事です。

解説で黒沢清さんが、北林さんは70年代のアメリカ映画を好きだったというようなことが書かれており、なるほど、この作品は映画によく合いそうと言うか、小説が映画そのもののように感じたことにも納得でした。映画化を強く希望したいなあ。

それにしても、次作品を読めないのは何とも残念なこと。

PS
70年代と言えば、私は中学・高校・大学時代(大阪万博が中1、1980年に就職したのだから)。ポセイドンアドベンチャーをはじめとするパニック映画(本当によく見た「タワーリングインフェルノ」「ジョーズ」「大地震」「エアポートパニック」など)、「明日に向かって撃て」や「スティング」「ディアハンター」、「未知との遭遇」や「スターウォーズ」「ゴッドファーザー」、、、なんてすばらしい映画が多かった時期でしょう。

感性の豊かな時期に見たから映画がよく思えたのか、本当に映画がよかったのか、どっぷり浸かっていた私にはわからないけど、そんな時代の映画になりそうな小説でした。

★★★★★☆

|

« 企業文化(エド・H.シャイン(著),金井寿宏(翻訳),尾川丈一(翻訳),片山佳代子(翻訳)) | トップページ | ブラックスワン(テアトル3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/51642744

この記事へのトラックバック一覧です: ファントム・ピークス(北林一光) :

« 企業文化(エド・H.シャイン(著),金井寿宏(翻訳),尾川丈一(翻訳),片山佳代子(翻訳)) | トップページ | ブラックスワン(テアトル3) »