« ルームメイト(今邑彩) | トップページ | ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件(楠木建) »

おしまいのデート(瀬尾まいこ)

瀬尾さんの独特の世界観にいつも癒されます。困った時には瀬尾さんの作品を読めばいいって感じで、少々遅くなったけど最新作を読みました。

瀬尾さんの小説には、いつも変わった人が出てきます。普通じゃないのですが、どの人もなんか達観していて、基本はいい人なんです。子供は妙にませていたりします。しかし、みんな優しさを持っています。

今回の作品は5つのデートの話。「おしまいの」とついているとおり、最後のデートです。でも、デートと言っても恋人同士ではない話ばかり。どれもさらりと読めてほろりと来る作品ばかりでした。

本の表紙は天丼です。なぜ天丼か、5作品のうちの「ランクアップ丼」につなっています。この作品は涙しました(^^;

この「ランクアップ丼」と「ファーストラブ」が印象深かった作品です。

瀬尾まいこさんは、1974年生まれで大学卒業後、9年間中学校国語の教師を務め、2005年に教員採用試験に合格。この本が書かれたときはまだ京都府の現役中学校国語教師であったが、今年の3月31日に残念ながら退職。

今まで、現役の国語教師が書く作品に登場する中学生の姿に感動していたのですが、なかなか教師と小説家の二足わらじは難しい時代になったのでしょう。特にこれからはゆとり教育の転換で、教師の方も時間がないのかも。教員を退職されたことで、逆に多くの作品が世に出るようなら歓迎なのですが。

★★★★★おにぎり20個

|

« ルームメイト(今邑彩) | トップページ | ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件(楠木建) »

コメント

一気に読んでしまいました。
思わずふふっと笑ってしまったり、ウルッとなりそうになったり。
とても温かい短編集でした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

投稿: 藍色 | 2013.03.29 16:46

藍色さん、こんにちは。

瀬尾まいこさんの作品には、
「思わずふふっと笑ってしまったり、ウルッとなりそうになったり」と言うのが多くありますね。
ほとんど全作品読んでいると思うのですが
どの作品もその世界観が好きです。

トラックバックありがとうございました。

投稿: ごえもん | 2013.03.29 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/51573786

この記事へのトラックバック一覧です: おしまいのデート(瀬尾まいこ):

» 「おしまいのデート」瀬尾まいこ [粋な提案]
いろんな形の「デート」、あります。 祖父と孫、元不良と老教師、特に仲良くもない同じクラスの男子同士、協力して一緒に公園で犬を飼うOLと男子学生。何気ないのに温かい人と人のつながりを軽やかに描く、...... [続きを読む]

受信: 2013.03.29 16:35

« ルームメイト(今邑彩) | トップページ | ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件(楠木建) »