« イギリス近代史講義(川北稔) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉【3D吹替】(テアトル4) »

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)(P.F.ドラッカー(著),上田淳生(訳)

この本は320ページほどで20章仕立て。1章あたりのページ数が平均16ページと短いので、枕元に置いて1日1章を読んでiphoneにメモして寝るというパターンで進めました。

この本には、イノベーションと企業家精神を生み出す原理と方法について述べていると書かれている。「原理」である。「定理」じゃないのだ。もう、これは根本となる仕組みなのである。アルキメデスの原理みたなものだなあって思って読んでみた。

とりあえず、前半のイノベーションの機会を紹介してみよう。

イノベーションのための7つの機会
(1)偶然
  売れない商品に興味を持つ女性が隣の席に座るかもしれないから晩さん会に行こう
(2)ギャップ
  当たり前と思うことに潜んでいるが、凡人は当たり前と思う
(3)ニーズ
  ニーズといえば「ニーズを聞くな!感動を売れ!」
(4)産業構造の変化
  気が付いていても難しく考えてしまう。対応する場合は単純で具体的に
(5)人口構造の変化
  「いつの時代も若者は若者だ」という言葉で片付けられない時代
(6)認識の変化
  中流家庭にはブリタニカがある。認識の変化を意識して売り込んだ成果
(7)知識の利用
  これは難しい、戦略や分析、マネジメントが必要である

ちょっと斜めに見て書いたけど、こんな感じで、分類が好きな外国の本らしくイノベーションに関しても7つの機会ややっていないことを紹介している。一方の企業家精神の分類も面白い。ただ、実例に挙げてある企業が同じ企業が何度も出てきて、正直、明確な実例の差が見えなかったりした。

「コップに半分水がある」とみるのか「コップの半分は空である」とみるのか、このような視点の違いにヒントがあるのかもしれない。企業化戦略としてさまざな戦略の紹介と実例は興味ある内容のものも多いが、私自身が一番のおすすめは、「終章 企業家社会」。時間がない人はその章の中の「企業化社会における個人」の315~317頁(たった3頁か(笑))。

★★★★

|

« イギリス近代史講義(川北稔) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉【3D吹替】(テアトル4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/51834567

この記事へのトラックバック一覧です: イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)(P.F.ドラッカー(著),上田淳生(訳):

« イギリス近代史講義(川北稔) | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉【3D吹替】(テアトル4) »