« 宇宙のしくみ―わかったことわからないこと最新宇宙論 IPMUの6人の頭脳がわかりやすく解説 (学研雑学百科) | トップページ | シューマンの指 (奥泉光) »

アンダルシア 女神の報復(テアトル1)

Anシリーズ最高傑作というので(自ら言っているのだから眉唾だけど)一応押さえておこうとみてきた。。。。が、まあ、しょうがないかなって感じの映画だったなあ。

豪華出演者と風光明媚な異国の地が舞台、、って設定が売りなのだろうから、あまり内容を気にしてはいけないのかもしれない。

話が見えにくいし、最後になってもなんな納得いかない、その割には見え見えの筋書きがポロリと出たりして、なんとなく映画そのものに1本の筋がなくってどう見ていいのかそわそわする感じ。ああ、忘れていた。。この映画は、シナリオよりも出演者と景色を見るのが重要でした(^^;)


ということで、この映画を見られる方は、全く期待しないで大画面でスペインを堪能してください・・・って言っておきながら序盤は情熱の国スペインじゃなくて、雪国の小国アンドラ。夏の節電は映画館で涼みましょうっていうくらいに雪景色が多く、アンダルシアの景色の時間を超えていると思うのは私だけ?

映画の中で登場するロンダの街は断崖絶壁の白い街で、その映像はすばらしい。なんでも闘牛の発祥の地として有名らしいけど、映画の中でも闘牛の練習シーンが出てきて、なかなか興味深いシーンです(あんな感じで練習しているんだと・・・)。

★★★

|

« 宇宙のしくみ―わかったことわからないこと最新宇宙論 IPMUの6人の頭脳がわかりやすく解説 (学研雑学百科) | トップページ | シューマンの指 (奥泉光) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/52109999

この記事へのトラックバック一覧です: アンダルシア 女神の報復(テアトル1):

« 宇宙のしくみ―わかったことわからないこと最新宇宙論 IPMUの6人の頭脳がわかりやすく解説 (学研雑学百科) | トップページ | シューマンの指 (奥泉光) »