« 塩の街 (有川浩) | トップページ | 海の底 (有川浩) »

マーラー君に捧げるアダージョ

Mahler以前から気になっていたので、福井でも公開されると分かり、さっそくメトロ劇場に足を運びました。

原題は「ソファの上のマーラー」と言うことらしい。邦題より内容を表しているが、少々愛と苦悩のイメージがなくなる感じもします。ソファとは、マーラーがフロイトの診察を受ける時に座る(寝る?)簡易ソファーのことだろう。マーラーが亡くなる前年に年下の妻アルマとの関係に悩みフロイトを訪ねてるというシーンから始まる。マーラーとフロイトがこんな接点があるとは知らなかったです。

クレンペラーやワルターなどの名前が上がり、実際にワルターは登場します。ワルターやマーラーの妹、アルマの母親など、インタビュー形式に観客に語りかける演出はなかなか面白かったです。


演出面はなかなかいい作品になっていると思いますが、肝心のアルマがどうもイメージに合いませんでした。どうも、日本で活躍の某女性に見えてしまい(^^;、ウィーンの芸術家たちを魅了するようなチャーミングさや美しさが際立っていなかったです。

マーラーとアルマの愛に対する考え方の違いは、フロイトの診断で次第に見えてきます。実際に若い男と付き合うアルマよりも、マーラー自身の罪を見出そうとしています。マーラーの愛の対象は音楽であり、その中にアルマがいたのでしょう。そのあたりにむしろアルマの苦悩があったのかも。

★★★☆

|

« 塩の街 (有川浩) | トップページ | 海の底 (有川浩) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/52294828

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー君に捧げるアダージョ:

« 塩の街 (有川浩) | トップページ | 海の底 (有川浩) »