« 葬式は、要らない(島田裕巳) | トップページ | 猿の惑星 創世記(テアトル2) »

かばん屋の相続(池井戸潤)


池井戸さんの銀行マンを描いた短編小説集。この人の作品はこの手の短編集が多いので、どれを読んでもいいのだけど、すべてを読むと少々パターン化が気になり始めます。そこが水戸黄門的な安心感になればいいですけど。でも、この本はこのタイトルにあるようにちょっと興味がありました。

かばん屋の相続と言えば、京都の一澤帆布の相続ごたごた事件を思い浮かべる人も多いでしょう。三男が親を手伝い切り盛りしていた会社で、その親が死んだ後に遺言状が2通出てきて、最新のものは銀行マンで後を継いでいない長男に株式を譲るというもの。ここで法廷争いまでして、長男が後継者に一時期なるのですが、、、

小説は現実とは違った結末です。ちょっと怖いけど(笑)。現実は小説よりも奇なりって言う意味では、確かに現実の二転三転劇は小説よりも面白かったかもしれません(ちょっと野次馬的ですが(笑))

小説の感想とは少々別になりますが、このごたごたから学ぶ点も多いですね。そもそも、一澤帆布と言うブランドは職人による丁寧な品質にあったのではないでしょうか。それが手伝ったこともない長男が戻ってきて新たな職人を雇って作らせても、かばんのタグは一澤帆布であっても、お客様はそれを求めないということが長男にはわからなかったのだろうか?最終的には法律的にも三男が代表者に復帰したわけだけど、そこまでの過程で「法的に正しい」と言う争いをしても、その結果は「商売的に正しい」ことにならないということだろうな。

遺言が偽物であるかどうかは別にしても、長男に譲るという遺言があっても全く家業にタッチしていなかった長男は「自分がやるよりも今まで手伝ってきた三男がやることがお客様のためだ」と判断できなかったことが痛いですね。事実、仕入れ業者なども三男を支持し、相続した長男の会社には資材提供しなかったと聞きます。法律では判断できない人と人のつながりはこうしたことなのでしょう。

その事件をヒントに書かれた表題作も、元銀行マンの長男が後をついで、、、、でも、数字や法律だけが正しくても、商売はうまくいかないということを知るべきでしたね(^^)

★★★★

|

« 葬式は、要らない(島田裕巳) | トップページ | 猿の惑星 創世記(テアトル2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53041971

この記事へのトラックバック一覧です: かばん屋の相続(池井戸潤):

« 葬式は、要らない(島田裕巳) | トップページ | 猿の惑星 創世記(テアトル2) »