« ステキな金縛り(テアトル1) | トップページ | ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) »

「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (恩田 陸)


これは、かつて「地球の歩き方のロンドンのガイドブック風」のカバーで出ていた本が文庫本化されたものです。作者がイギリス・アイルランドに行った時の話ですが、とにかく飛行機嫌いと言うことでその恐怖が大きく取り上げられているエッセイです。紀行文じゃないと宣言していますので、確かに、イギリス・アイルランドに行った場所で感じたことを書いたエッセイと言うのが的確でしょう。

しかし、恩田さんの作品は好きだけど、エッセイはどうも合わないなあ。面白くない訳じゃないし、書かれていることも好きなんだけど、なんだか合わない感じです。

他に「キリンビール」「サッポロビール」「オリオンビール」の工場見学のエッセイも加わっています。それだけビールが好きなんですね。ビールを飲むために嫌いな飛行機に乗るという構図です(笑)←人のこと笑えない(^^;

この本の中で、電子図書について書かれていた。何でも詰め込めるというのはある意味、旅行に持っていく本を悩んだり選択するという楽しみや能力を削ぐのかもしれないなあ。この本の中では、もともと文庫本は究極のモバイルだって書かれていたけど、なるほどなあ。

最後に、イギリスとアイルランドの他にチェコにも行ったことがあるらしい。そこでチェコの生ビールはさすがに美味しいとのこと。ドイツやベルギーは行ったことがないようだけど、チェコのビールはお茶でいうと玉露と緑茶の違いくらいあるとのこと。ますます体験しなくてはと言う思いが強くなった。

★★★★

|

« ステキな金縛り(テアトル1) | トップページ | ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53276116

この記事へのトラックバック一覧です: 「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (恩田 陸):

« ステキな金縛り(テアトル1) | トップページ | ヤクザの実戦心理術(向谷匡史) »