« 「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (恩田 陸) | トップページ | 人材の複雑方程式(守島基博) »

ヤクザの実戦心理術(向谷匡史)


なんか笑えると言ったら失礼かな。なかなか面白かったのです。ヤクザと言えばドラマか映画の中だけで日ごろお付き合いなどないですけど(笑)、以前、同和関係の勧誘電話でぴっしり断ったら(でも心臓ドキドキ)「首を洗って待っていろ」って啖呵を切られて、思わずその日はお風呂で丹念に首を洗いました(^^;。そんなわずかな経験でも、そういえばそうかなって思わせるテクニックの解釈が面白い。怒鳴る奴はまだまだ半人前。論理を巧みにすり替えたり、正当性を切り替えたりの技術は面白い。

恐いと思われてナンボの世界ですから、恐いと思われなくなったら意味がない。そのあたりヤクザの方にもブランドがあるのだろうかと思ったりもしました。

しかし、まあ、ここに書かれているような内容が、私たち凡人が実践に使える心理学かどうかは微妙でしょう。とは言うものの、こうした内容はまじめにやっていると人ほど勉強した方がいいような印象もしますね。

★★★

|

« 「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (恩田 陸) | トップページ | 人材の複雑方程式(守島基博) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51937/53276128

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクザの実戦心理術(向谷匡史):

« 「恐怖の報酬」日記―酩酊混乱紀行 (恩田 陸) | トップページ | 人材の複雑方程式(守島基博) »